トップ

はじめに

施術内容

現地案内

料金表

インターネット体験

健康レポート

健康レポート

あなたの姿勢は正しいですか?

 姿勢が悪いと肩こり、腰痛、背部痛の原因になります。姿勢をチェックして、改善しましょう。

 最近の傾向として特に若い女性に多いのが筋力がなくそれをカバーするための姿勢悪化、結果として冷え性、便秘、足のむくみの症状。まずは必要な筋力を付け、正しい姿勢をしましょう。腹式呼吸も忘れずに(内臓を活性化)!

姿勢悪化による腰痛の例

 筋力がなくお腹が突き出た姿勢になっている
 また、左右のバランスも悪い

 腰の負担が過度にかかるため腰痛の症状が発生する

 最近若い女性に多いパターンである

 

正しい姿勢とは

 両かかとを15cmぐらい離し、つま先を60度ぐらいに開き、深呼吸した後、直立姿勢(起立)をとります。

 この状態で姿勢をチェックしてみましょう。

 

【横の姿勢】

左の図のように直線で示すと

耳の後ろ、肩、腰(大転子)、膝の中央、足(ブリッジの中央)

が正しい姿勢です

【後ろの姿勢】

背中が真っ直ぐで、両肩、腰の位置が同じ高さであること

※先天的に骨に異常がない(長さが違う等)ことを前提にします

【姿勢が悪い例】

猫背 日常生活の癖で猫背になっている方が多い

約5kgの頭部を支えるため、筋肉のバランスが崩れ、筋肉の一部にストレスが余分にかかる。これが首がこる、肩こり等の原因になる

出っ腹 運動不足で腹部に筋肉がない方が多く、おなかが前方に出た姿勢

背部痛、腰痛の原因になり、前後の筋肉のバランスが悪く骨盤の位置が悪くなる

常日頃、姿勢を意識して、必要な筋力を強化することで改善できます

 

理想のボディーバランス ゴールデンカノン

 ゴールデンカノンとはワコールが提唱する美の指標です

 ウェスト幅を1として肩幅1.6、バスト幅0.8、ヒップ幅1.4

 

TOP

setstats 1